浮気した結果クラミジアに感染!レボフロックスに助けを乞う

感染の経路

性感染症は最近日本中で広がっていてメディアでも多く取り上げられています。
ここではその感染経路や何故かかってしまうのかなどを解説していくのでチェックしてみてください。

性感染症の感染経路のほとんどはSEXとなっております。その中でも特にクラミジアが蔓延しており、若い世代にかなり蔓延しています。SEXと言っても通常のSEXに限らず、オーラルセックスなどの口を使った行為やアナルセックスなどのアナルを使ったものであっても感染ってしまうのです。
クラミジアであれば、病原菌に感染すると、男の方だと尿道に炎症が起きてしまったり、睾丸に炎症が起きてしまったりして、女の方だと子宮の障害や下腹部の痛みなどが確認されます。特に大変なのか女の方で、この感染症になってしまったまま放置をすると不妊の理由にまでなることがあります。
この症状の怖いところは自分で感染してしまったと気が付くことがほぼありえないという部分です。男の方であれば5割り程度の人は症状が何も出ないため気が付かないままSEXを行ってしまいますし、女の方であれば8割り程度の人は症状が出なくなっているのです。なぜこの病気になるのかを分かっていても、自分がなっていると気が付いていない状態になっていることがほとんどなので、この病気はどんどん蔓延していっています。
この病気は性行為以外での感染はほとんどありえません。温泉やプールで感染ったり、空気感染してしまうことはあまり存在しないためその辺りは気にしなくても問題ありません。
男性に見られる症状としては尿道が炎症を起こすとなっています。これはかかってしまってから一週間から三週間をすぎると見られてくるものです。しかし先程も話したように自覚しないことも多いのです。尿道炎はひどい症状になってしまうことはあまりなく、痛みもあまり出ないため少し痒い程度であったり何か違和感を感じるだけで症状がなくなることも多くなっています。また尿道炎の症状が見られる場合、睾丸の近くにある部分が炎症を起こすことも確認されています。炎症が起こると睾丸に痛みを覚えたり、睾丸が腫れたり、酷くなると膿が溜まるものになります。
女性に見られる症状としては子宮の周りにある子宮頸管が炎症を起こすと言われています。この場合も一週間から三週間を過ぎると確認できます。この部分が炎症を起こすとお腹にまで届いてしまうことがあるため、下腹部に痛みを覚えたりします。炎症状態のまま放置すると子宮頸管がダメージを受けてしまって、子宮外妊娠の理由となることがあることも覚えておいてください。ここまでなると流産や不妊などの問題も発生します。
このように性病は放置をすることで危険なものになってしまうため、違和感があったり不安であれば、通販などで販売されている検査キットを利用して確認していきましょう。
検査をしてみて全く問題なければそれに越したことはありません。それだけ慎重になり、真剣に向き合うべき問題です。