浮気した結果クラミジアに感染!レボフロックスに助けを乞う

クラビットとジェネリック

性感染症と聞いて真っ先に思い付く性病の名前はなんでしょうか。
との問いに対して殆どの方がクラミジアという名前を上げ、知名度は感染症の中で広く知れ渡っており国内の性感染症で一番多いという結果が報告されております。
特に若人が中心に広がりその患者数は100万人以上と言われ一般高校生達を対象に調査をした所
性経験の内女性は13%男性では7%が感染している。との研究結果が上がってます。
男女共に感染症が最も多く2000年代をピークに減少し2010年に差掛ってからは横這いで若干増加傾向となっています。
性病のカテゴリーはそのほとんどの原因は性行為とされていて近年では感染する経路は様々で予防をするには原因究明が大切です。
又クラミジアは自覚症状が分りにくく女性だと不妊や妊娠のトラブルに繋がり後遺症が残ってしまう可能性があります為、早期発見が何より大切で早めの治癒を受ける事で治るのです。
もしクラミジアの感染が発覚した際ですが、色んな治癒方法がある内の1つとしてクラビットジェネリックでの抗生物質内服による治療方法を紹介します。
クラビットジェネリックは第一三共社が製造販売しており一般名はクラビットと言いその名の由来は熱望する。の意味を持つCRAVEから取られ如何に待ち望れた薬である事かが分かります。
キノロン系統の薬であり細菌の増殖に必要とされてりたんぱく質元の核酸生成を防止し細菌の死滅作用がある、と考られており殺菌作用の強力さは喉頭炎、中耳炎そして肺炎に対応していて万能薬として性病以外にも様々な用途に使用されてます。
副作用には抗生物質に良く見られる軽い症状として頭痛や眠気、下痢がありますが短時間で収まるので気にする程では無いですがニューキノロン系の抗生物質となってくると太陽の光に肌が直接当たると重症だと水膨れや発赤の症状が見られますので使用後は直射日光をなるべく避けて保管する場所も日が当たらない所に置くようにしましょう。
クラビットジェネリックは病院では処方されてもらえず個人輸入業者からの購入となりますのであくまで自己責任となりますが急に症状が出た時等は予め購入しておき常備しておく事で病院に行くより早く助かり安心出来ますね。